ミュンヘン・リーム空港の古い滑走路の残骸を借りませんか?

ミュンヘン空港は 1992 年までほぼ 53 年間リームにありました。現在、ミュンヘン見本市会場の東側には滑走路の一部が残っています。イベントや撮影会などはどこでどのように予約すればよいですか?ミュンヘン市に聞いてみます。
自然保護:イベントや商業利用不可 - ミュンヘン-リームの滑走路跡

ミュンヘン・リーム空港はほぼ 33 年間閉鎖されていますが、あるいはそのため、古いミュンヘン・リーム空港の記憶はほとんどありません。

いくつかの 遺物 かつての滑走路の残りの部分も含め、現在でも見ることができます。この歴史的な作品を写真撮影やイベントに予約できるかどうか、またその方法についての問い合わせが常に寄せられています (現在増加中)。

ミュンヘン市からの問い合わせ:

ミュンヘン市の健康と環境を担当していた部門がコロナ禍中に再建された後、残念ながらミュンヘンの残りの滑走路の実際の責任者が誰なのかはもはや明らかではなかった。

したがって、私たちはミュンヘン市に問い合わせを行い、ミュンヘン市と関係者の皆様の忍耐強く、詳細かつ何よりも迅速な対応に感謝したいと思います。

実際、答えはそれほど単純ではありませんが、最終的には当然のことながら明確です。

ミュンヘン、2024 年 3 月 6 日

親愛なるタウバーさん、

 

あなたの質問は、責任ある返答のために私たちに転送されました。

 

市の建築部門は、旧滑走路の残りのアスファルト表面とその周辺地域の維持管理を担当しています。

 

ただし、このエリアでのイベントや(一時的な)商業利用については、地区行政部門に申請する必要があります。

 

以前の滑走路は、以前の使用を記念し、その変遷を示すために、意図的に景観区域内に残されました。それ自体には自然保護機能はありません。しかし、それは自然と景観への介入に対して指定された補償地域に完全に埋め込まれているため、イベントでの使用は重大な自然保護紛争を引き起こす可能性があります。

 

したがって、下部自然保護当局は、この地域のイベントや商業利用の申請を拒否している。

 

補償エリアとレクリエーションエリアは、空港跡地の開発のために確保されました。彼らには自然な発達が必要です。周囲の牧草地や痩せた草原も現在では法的に保護されたビオトープとして発展しています。アスファルトエリアは補償区域内を通る緑道経由でのみアクセス可能であり、隣接する補償区域を含めないと使用することは困難である。

 

よろしくお願いします

博士。ステファン・フィードル

 

州都ミュンヘン

気候環境保護省

自然保護・生物多様性課
下級自然保護当局、専門家報告書 RKU-III-2
ブルーメンストラ。 28b、80331 ミュンヘン

忘れましょう: 自然保護区で SLB の遺跡を借りましょう

ミュンヘン市の答えは、当然のことながら厳粛なものだ。

SLBのアスファルト路面は自然保護区に囲まれており、
したがって商用利用はほぼ不可能です
.

この件に関してこれまでに当社が受けた問い合わせについて: ミュンヘン市の声明によると、残念ながらバイクレース、写真や映画の撮影、社内イベントは受け付けられる見込みがありません。

この状況について私たちはどう感じますか?

こう言い換えましょう。私たちはオンライン アーカイブの主催者として、それがまだ「外にある」ことを祝っています。 リエム空港からの本物の遺体 与える。古い空港の思い出が少しでも残っているのは嬉しいことです。 – 空港がリエムにあるべきだったというわけではありません。 – いいえ、彼が実際に長所も短所も含めてミュンヘンの歴史を作ったという事実が、私たちのオンライン アーカイブのすべてです。

正直に言うと、そうなるでしょう ブガ05 もしこれが起こらなかったら、おそらく今日リエム空港の古いSLBは何も見えなかったでしょう。なぜなら、(衛星タイムラプス観測によると) 良い作品は BUGA05 とプロジェクトだったからです。」インゴールド航空」は特別に少しだけ「修正」され、今日まで保存されています。

 

私たちの観点からすると、残念ながら、この記憶の一部がレースでのタイヤの回転、ガラスの破片、イベントでの暴動に使用される必要がないことは悪いことではありません。文化と自然の精神で。なぜなら、それは、おそらく歴史的、地理的理由から非常に魅力的であり、そうでなければ、自然保護区に置き忘れられた小さなアスファルトの一部だからです。

ライフスタイル イベントの観点から見ると、リーム空港の古い滑走路のこの惨めな残骸は一見アクセス不可能で、最終的には取るに足らないものに見えます。ミュンヘンには間違いなく、より優れた本物の場所があります。.

ja日本語